本文へスキップ

営業時間:8:30〜20:00(月曜定休) お酒は20歳になってから。

電話でのお問い合わせはTEL.055-978-5010

〒419-0123 静岡県田方郡函南町間宮571-4
    国道136号線 熱函入口より車で1分   
伊豆箱根鉄道 伊豆仁田駅より徒歩5分

取り扱い商品一覧

・日本酒 取扱い銘柄

静岡県 初亀 米は兵庫県東条町の特A産地の山田錦と富山県南砺農協産の五百万石を使用。吟醸王国静岡の礎を築きラベルやボトルのデザインにも工夫を凝らしています。
喜久酔 大井川水系の南アルプス伏流水で仕込んだお酒は、やわらかく優しい味わい。「飲む人を感動させる酒とは、感動を知っている者が造った酒だと思う」という蔵元の想いが、酒造りにも表われています。
正雪 酒名は由比正雪に由来する正雪。現代の名工に選ばれたことで知られる山影純悦氏が醸します。名杜氏あるところに銘酒あり。ますます目が離せません。
開運 創業当時から愛飲されている「開運 祝酒」をはじめ、お祝い事には欠かせない、縁起の良いネーミングで親しまれています。
白隠正宗 甘みとふくらみのあるやさしい味わいの中にも静岡らしさを大切に、県産の米や酵母を積極的に使用しています。また地位貢献の観点から、醸造用アルコール添加の酒造りを全廃し、全て純米酒とする酒蔵となりました。
静岡県 志太泉 超軟水と静岡酵母で仕込んだ酒は柔らかで優しく食事と楽しめる味わい。近年では能登流の杜氏と若い蔵人が技術と蓄積された静岡型の吟醸造りのスタイルを融合させ、伝統を大切にしながらモダンな日本酒を目指しています。
英君 静岡県で開発された酵母と地元の湧水で醸しています。香りが主張しすぎない自然な味わい、かつ爽やかでフルーティーな香味の優しいお酒です。
若竹 大井川の伏流水に恵まれ、酒造りを行っています。「おんな泣かせ(純米大吟醸)」はそのユニークなネーミングで全国的にも知られる銘柄です。
高砂 「富士山本宮浅間大社」にほど近い酒蔵で世界遺産 富士山の伏流水で仕込んだ絶品の銘酒を醸しています。
臥龍梅 伝統の丁寧な造りを守りながらも、味や香りにバリエーションをつけメリハリの利いた酒を造り「古くて新しいお酒」として受け入れられています。現在の味覚、食生活、さらにはライフスタイルにフィットする酒を目指しています。
杉錦 大井川水系を仕込み水に使い、酒米は兵庫県の山田錦と滋賀県の玉栄、静岡県の山田錦と誉富士などを使用。約400石の小さな蔵ですが、山廃と生もと造りに力を注ぐなど、県内外からファンも多い蔵元です。
静岡県 富士錦 地下30mの井戸から汲み上げた富士山の伏流水はやさしい味わいで酒造りに大きな役割を果たしています。他の土地の人に自分の故郷の酒だと、自慢できる酒。
あらば
しり
修善寺温泉郷近くにある酒蔵。地元の米と年川の水を用いてできた酒は、常温でも良し、燗にしても良し。「今日を一日頑張った人が、心から旨い!と思える酒を造りたい。」という蔵元の思いが詰まった、まさに「地の酒」です。
森本 個性あふれる蔵元がたった一人で作るお酒。ネーミングも味も個性抜群!
天虹 蔵は2010年に静岡市内にあった蔵を引き継ぎ創業した駿河醸造場。南アルプスから流れ出た安倍川伏流水と山海の幸に恵まれた地域にあり、伝統のブランドを継承しつつ、新しい酒造の歴史を作っています。
秋田県 まんさくの花 栗駒山系の伏流水で県内屈指の良水を仕込水に地元産の酒造好適米をベースに最高38%まで自家精米し、手造りの丁寧な酒造りと搾りたてを一本一本ビン貯蔵・熟成させ、吟醸酒を中心にふくよかで気品ある味わいを実現しています。
山形県 雅山流 山は動かぬもの、川は流れるもの。人は自然の中の万物を固定して捉えがちである。 物事に捕らわれずに もっと自由な発想で様々な酒質を醸し出す事を考え、命名されました。華やかな香りとすっきりした飲み口で人気上昇中。
上喜元 酒田市の市街地に唯一残る酒蔵。地元の出羽燦々をはじめとして、全国の上質な酒米を高精白し、限定吸水により、ていねいに造っています。
出羽桜 山形県産の米や酵母を使った酒造りをしています。2008年のIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)最高賞である、チャンピオン・サケを獲得するなど、人気・実力のある銘柄です。
宮城県 浦霞 酒名の浦霞は、塩竈を詠んだ源実朝の歌「塩がまの浦の松風霞むなり八十島かけて春や立つらむ」に由来します。ファンも多く、日本のみならず海外でも日本酒を広めるなどの活動をしています。
日高見 酒名の日高見は現社長が「日を高く見る」から命名。「魚でやるなら日高見だっちゃ」と銘打つとおり、漁場の街石巻の酒らしい酒質。
福島県 國権 厳選した酒造好適米と地元奥会津の清らかな水を仕込み水とし、米・水・酵母・麹をはじめ、すべてにこだわりをもって酒造りをしています。
大七 日本酒の最も正統且つ伝統的な醸造法である「生もと造り」一筋に、豊潤な美酒を醸し続けており、全商品が生もと造りの逸品。日本酒に何よりもまず“味わい”の深さを求めており、近年では燗酒の代名詞ともなりつつあります。
新潟県 鶴齢 「雪国の食文化に根ざした酒、農家の人々に愛される味のある酒を造りたい。」という蔵元。三百年の伝統と厳しい冬に育まれた芳醇で淡麗なお酒です。
麒麟山 飲み飽きしない淡麗辛口の味を原点とし、五代目の思想「酒とは辛いもの」を受け継いで醸しています。名峰麒麟山の下で、地元での米作り、環境を守ることなど伝統の味を後世へ伝えていく試みもしています。
越乃景虎 米のうまみを感じながらも、さらりと飲めることからファンが多い銘柄。普段の晩酌用から、ご贈答用まで取り揃えております。
想天坊 「想天坊」の由来は、蔵の地元の昔話に出てくる伝統の山の名前です。「きれいなうまみが感じられ、ふっくらとしていて、すっとキレのある『淡麗旨口』の味わい」を目指しています。
八海山 魚沼の恵みを受けた酒造りを行っています。2014年3月より酒質を向上させ、価格は抑えながらも、品質は高く…という八海山の志が感じられます。
石川県 菊姫 山廃酒母を使用した個性的な純米酒「山廃仕込純米酒」を日本で最初に発売しました。高品質の酒造好適米を使い、レベルの高いお酒を造っています。
黒帯 酒米に山田錦と金紋錦を使用し、独立した味わいの酒を合わせることで得られる「コク」「ふくらみ」「キレ」「品」は絶妙なバランスです。
長野県 真澄 全国清酒鑑評会での受賞や万国博覧会への参加などの実績も持っています。
夜明け前 旧中仙道の信州小野宿にて元治元年(1864年)創業。島崎藤村の代表作「夜明け前」ともつながりがあります。
京都府 澤屋
まつもと
酒名の酒は古い暖簾「澤屋」と名字の「松本」に由来します。京都らしいはんなりとした上品な味わいの酒を醸す。

・焼酎 取扱い銘柄

 焼酎の取り扱い銘柄については コチラ→

店舗案内


有限会社 丸屋酒店

〒419-0123
静岡県田方郡函南町間宮571-4
TEL.055-978-5010
FAX.055-978-8020
mail:maruyasan@izu.tnc.ne.jp
*月曜定休
*未成年者への酒類の販売は致しません。